ギーの作り方

以前購入しておいた無塩バターで、ギーを作りました。

ギーとは私の大好きなアーユルヴェーダが「有益な油」として勧めているもので、無塩バターを加熱して作ります。

昨日見た「腰痛に対するアーユルヴェーダとヨーガ療法の有用性」という動画内で、腰痛に対してオイルマッサージやギーの内服、ハーブの服用が説明されており、改めてギーの効果を再認識。

最近腰痛に悩まされているので、さっそく腰のオイルマッサージとストレッチを始め、ギーの内服もやってみることにしました。ギーの内服のタイミングは食前で、食事の30分くらい前に小さじ1杯をパクリと口に入れ、その後白湯をすすります。

ギーの作り方はとっても簡単です。

1、無塩バターを鍋に入れ中火で加熱

2、ぶくぶく沸騰させながら、泡の変化を注視

最初は泡が大きい。

3、大きい泡から細かい泡に変化したら火を止めて出来上がり

細かい泡がブワーっとあふれてくる。これ以上加熱すると焦げる。

4、粗熱が取れたら消毒したガラス瓶に移しかえて、冷蔵庫で保存。

キレイな黄金色。上手くできたと思う。

完成したギーは常温で保存できると聞いているけど、私は必ず冷蔵庫で保存しています。常温で保存しているギーは酸化が早いのか、味が変わってしまうし、味が変わったギーを食べると胃もたれしてしまうからです。冷蔵庫に入れておけば味はフレッシュなまま。

とりあえず2週間くらい真面目にギーを内服して、腰痛がどうなっていくか、変化を見たいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました