「自分でできた!」のパワー

日曜日。助産院はおやすみ。

1週間前から取り組んでいて、昨日、今日と本腰入れてパソコンとにらめっこし続けても全然進まなかったレポートが、ここに来てやっと動き出しました。明日にはなんとか完成しそうです。よかった〜

そもそもレポートって何ですか?というところからのスタートで、一体どの方向目指して進めばいいのか、最初の一歩はどこにどう踏み出せばいいのか、右も左もわかりません状態。

何日も考えて、検索して、人に聞いて、また考えて、ぐるぐるぐるぐる考え続けていたら、少しづつ形になってきました。

「自分には到底できそうにない、きっと無理だ、難しすぎる」と思っていたことが、人に助けてもらいながら、なんとか形になったときの喜びはとっても大きいです。

はじめて店舗用に物件を借りたときとか、そのために提出しなくちゃいけない事業計画書を書いたときとか、まったくわからないところからホームページを自作したときとか、簿記なんて知らないのに自分で記帳して確定申告したときとか、フリーランスになってからたくさんの「自分には無理、わからない」を、なんとかやり遂げてきました。

その一つ一つが、「自分でできた!自分すごい!」という自信につながって、ほわ〜っとあたたかなパワーが湧いてくる感じがしています。

レポートに集中したくてプレゼントの「ホテル券」を使った。おかげでいつもより一人になれた。

自分でできた!と言ってもどれも完璧に自分一人でできたのではなくて、レポートは文章の上手な人に書き方を教えてもらったり、ホームページはネットでたくさん検索して見知らぬ先輩方の方法を真似させてもらったり、確定申告は青色申告会に通って一から簿記を教えてもらったり、どれもこれもたくさんサポートしてもらっています。

それでも、みんなの知恵を借りながら、最終的に「自分で」完成させるとこができたという事実が、ものすごく自信につながるということが、体験してみてわかりました。

子どもと接するときでも、大人と接するときでも、何か困っている人がいたら、なるべく「自分で」解決できるような上手なトスをあげられる人間になりたいと思いました。見捨てず、励まして、何に悩んでいるのかしっかり聞いて、解決の道筋を一緒に探す。でもゴールまで無理やりビューンと連れて行かない。

苦手で大嫌いなレポートのおかげで、周りの人の親切とか、実はたくさん支えてもらっていることとかに気づくことができて、苦しくも嬉しい休日を過ごしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました