「0円生活」を楽しむ

断捨離をしてから、お金の使い方が変わりました。

それまでは節約を意識しつつも、毎日何かしらお金を使っていまいした。コンビニに寄れば新商品のお菓子を買い、ドラッグストアに行けばコスメやら日用品の予備やら買い込んだり、スーパーに行けば、いつもより安いからと買う予定のなかった商品まで一緒に買ったり、ちょっと休憩とスタバなどでお茶したり。いつでもどこでもネットストアで欲しいものを探しては、今を逃すと買えないかもしれないとか、あとちょっとで送料無料になるからこれも買おうとかであれこれ購入。

そんな暮らしをしていたら家に物が溢れて、クレジットカードの請求が毎月恐ろしい額に。特別高いものを買っているわけでもないのになんでこんなことになるのか全くわからず、そのうえ買ったもので生活が楽になるわけでもなく、むしろ金銭的な不安が重くのしかかりました。買っても買っても、満足することがありません。

断捨離をして、やっとお金が足りず満足感もない理由がわかりました。とにかく細々と、買いすぎていただけ。あったら便利かも、安いから買っちゃえ、自分にご褒美、そんな動機で買ったもののほとんどはゴミになったし、「これは使う」と思っていたものでさえ、実際にはほとんど使っていないこともあり、自分の買い物の下手さに驚愕。

ほとんどのものは、なくても生活できるのです。

買い物に慎重になったおかげで、お金を使わない「0円生活」の日が増えました。

「0円生活」というと我慢生活にように思うかもしれませんが、そうではありません。自分にとって本当に必要と思えるものしか買わないようにした結果、自然とお金を使う機会が減っているだけ。むしろ以前の方が頻繁にお金を使っていたぶん、いざというときに「節約しなきゃ、少しでも得する方、安い方を買わなきゃ」と我慢して、息苦しくなっていたように思います。

近所の名店「トロパン」のクロワッサン。早めに出勤してのんびり朝食。

今日はどうしても朝ごはんを作る気になれず、近所のパン屋さんでクロワッサンを買いました。こんなことにも以前は罪悪感があったけれど、今は罪悪感なく、たまの贅沢を思いっきり楽しむことができています。

今日は1円も使わなかったと思うとすごくワクワクします。逆に、久しぶりにお店でコーヒーを飲んだり、パンを買ったり、友人と食事したりするととっても贅沢で楽しい気分。お金を使うことも、使わないことも、どちらも楽しい気持ちになれる今の生活に満足しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました