「待つ」ことの難しさ

春休みに入り、子どもと過ごす時間が増えています。

子どものやっていることを尊重してじっと見守ろうと思っても、ついつい口出ししてしまう自分がいます。

花吹雪。東京に来るまで見たことがなかった。

あれはやったの?これ先にやっておいた方がいいんじゃない?

口をついて出てくるこれらの言葉。こういうことをいうと大体子どもに反撃されます。「今やろうと思ってたのに。そう言われたらやる気なくす。」…そうだよね。いつもごめんなさい。

結局私自身が不安なんだと思います。だから待つことができてない。ぐっと踏ん張って、相手の力を信じて待つ。この春休み、集中的に「待つ」ことに取り組んでみようと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました