すぼら「肌断食」実践者のシンプル「バスグッズ」

肌を極力触らない、「肌断食」を実践しています。肌断食といっても完璧にできているわけではなく、試行錯誤した結果、”ゆるく” ”ずぼらに” 毎日の生活に取り入れています。

その結果お風呂場に置いていた多くの商品が必要なくなり、置いているのはシャンプーとコンディショナーだけに。ボディソープも、石鹸も、体をこするタオルも、もう必要ありません。

極力皮膚を触らないことを推奨する肌断食は、シャンプーの使用も勧めていません。

シャンプーは洗浄力が高く頭皮の必要な皮脂まで落としてしまい、そのせいでさらに皮脂が分泌されて時間が経つと髪がベタつくから、それを落とすために毎日シャンプーが必要になる悪循環。また洗髪時に流れてくるシャンプーの洗浄成分が顔にもかかるので、お肌にもよくないことが理由です。その代わりにお湯だけで頭を洗う「湯シャン」が勧められています。

肌断食の本を読み感動した私はさっそく自分実験開始。
お肌の「肌断食」は順調に生活に取り入れることができたけど、「湯シャン」だけは何度挑戦してもうまくいかず、もう諦めてしまいました。シャンプーを使わないと髪がベットリと重く、どうにも気分が悪かったからです。

こういうのはあきらめも肝心で、基本に忠実になりすぎて自分を無視していると結局調子が悪くなってしまいます。方法を変えて何度チャレンジしてもうまくいかないということは、合っていないということです。

雑草の生命力には脱帽。スキンケアより散歩してたい。

ということで私は肌断食実践者ではありますが、シャンプーは普通に使っています。

頭をシャンプーで洗い、髪が絡まるのでコンディショナーで整えたら、あとはお湯で流して終わり。顔も体もお湯で流すだけなので洗顔料もボディーソープも要りません。

どうしても泡で体を洗いたい時は(そんなことはほとんどないのだけれど)シャンプーの泡でそのまま体まで洗って、ザーっとシャワーで流せばスッキリ。

メイク落として洗顔してシャンプーして、ヘアパック塗って放置している間にボディソープ泡立てて体洗って洗い流して、ヘアパック流してリンスして流して、湯船浸かって、お風呂からあがったら全身拭いてボディクリーム塗って顔パックして髪に洗い流さないトリートメントつけて乾かして、、、

肌断食のおかげでこれらの面倒な作業をかなり簡略化できて、お風呂場のごちゃごちゃしたモノが減って、肌も乾燥しないし、お金もかからないし、私にとっては良いことばかり。そんな良いことづくめのシンプルケアにますますハマっています。

お気に入りのシャンプー「カウブランド」

コンディショナーは「キュレル」

お風呂場に置いているのはこのふたつだけ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました