「お得」が苦手

今日から休暇に入りました。
年末年始に営業していたので、ずれてお休みをいただいています。

まとまった休みとなると朝からテンションが上がり、洗濯したり窓拭きしたり、引き出しの中身を引っ張り出しては要る要らないの分別をはじめてみたりと大騒ぎ。やりたいことがありすぎて、ちょっとしたお祭りのようになっています。

最近スマホの調子が悪いです。
携帯がないと仕事にならないので、壊れる前に新しい機種に変更したいと、思い切ってお店へ出かけました。

「機種変更よりも乗り換えしたほうが安いです。」
「機種を買うなら今がお得です。このキャンペーンはもうすぐ終わります。」
「プランはこちらにしたほうがお得です。」
「お子様の携帯も乗り換えたほうが、月々の支払いが今より安くなります。」

安い。お得。

確かに金額的にはその方法を使ったほうがずっとお得。でもその方法のあまりの複雑さに、なんだか煙に巻かれているような、素直に喜べないような気持ちになりました。

帰宅して、あんこ玉のツヤツヤ感に癒された。

「お得」のための労力が苦手です。

私はそこに喜びを見出せない。
「今だけ!」「お得!」に追い立てられないで、自分のペースで、自分に必要なものだけを買いたい。

そもそもスマホはまだ使えるんだから、買い換えないのがいちばんお得です。0円だし、手続きの手間もかからない。

調子の悪い旧式スマホに「もう少し頑張れる?」と心の中で話しかけながら、コーヒー淹れてあんこ玉食べてぼんやりしたり掃除したりして過ごす休日が好きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました