子どもと遊ぶ休日

東京で、めずらしく雪が降りました。

2年ぶりの積雪。大雪警報が出るのは4年ぶりらしいです。

雪国育ちの私は東京の雪のない冬が物足りなく、毎日降られても大変だけど、一年に1回くらいはドカンと積もってほしい気持ちがあります。

天気予報では毎年「関東南部でも積雪の恐れ!」と言いながら結局積雪しない、積雪しても本当にうーっすらですぐ溶けることが多いから、今日の雪の量は予想外で驚き。

雪が積もると歩きながら必ず作ってしまう「ミニ雪だるま」

こんなチャンスは滅多にないので、夕食後に子どもを誘って公園へ行きました。

最近恥ずかしがって一緒に外に出てくれない我が子も雪でテンションが上がっており、一緒の外出を快諾。

近所の公園で表面のキレイな雪だけをすくい取って真っ白で大きな雪だるまを作製。そのまま雪合戦に突入!広い公園を雪玉もって走りまわるなんていつ以来だろう。最後はまだ誰も踏みしめていない雪の上に大の字に寝そべって、大満足で帰宅。

ベランダの雪を集めてお風呂に持ち込みミニかまくらなど作って雪遊び終了。

日中用事があり外出。夕飯食べたら子どもを誘って雪遊びしようと考えながら帰路についた。

砂遊びとか雪遊びとか、作って壊してまた作って、こういう遊びは本当におもしろいです。特に子どもは遊びの天才で、新しい発想が次々に湧いてくるところは本当に尊敬します。

大人になると「交通への影響が」とか、「雪のせいで困っている人がいるのに」とか考えて素直にはしゃぎづらい雰囲気があるけれど、私にとって雪は、子どもの頃のあたたかな記憶を思い出させてくれる、懐かしくてうれしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました