不便な体とのお付き合い

食べても食べてもお腹が空きます。

朝ごはんを7時に食べて出勤して事務作業してたら小腹が空いて9時にコーヒーとお菓子つまんで、でも10時半にはお腹がぐーぐー鳴って集中できないので昼食。昼過ぎ訪問に出かけて15時頃戻ってきておにぎりとかドライフルーツなど食べて、ブログを書いている16時半にはもうお腹が空ている。

虫歯を恐れている私は食べる度に歯を磨くから食事の回数分歯磨きもしなくちゃいけなくて、食事とその前後の諸々(準備とか片付けとか歯磨きとか)も含めるとかなりの時間を持っていかれるので本当に大変です。多分トイレも近いから、一日中なにかしら動いていて、作業がブツブツと細切れになってしまいます。集中して2〜3時間作業できる人に憧れます。

小鳥に逃げられないようにそーっと近くを歩く

こんな食欲を無視し続けたことで一昨年派手に体調を崩してしまったので、最近は面倒でも、お腹がすくたびに食べるようにしています。当時は無視していたというよりも、お勤めをしていると決められた時間でしか食べることができなかったから、仕方ありませんでした。でもその食べ方だと健康を維持できない私は、もうお勤めはできないのです。お腹がすき過ぎてお勤めできないとか、ちょっと悲しいです。

みんなも実はこんな風にお腹がすいているのか、そうでもないのかわからないけれど、不便なこの体との付き合い方を探るのは大変でもあり楽しくもあり、一生答えが見つからなさそうな超難問だと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました