子どもから学ぶこと

午後のベビーラップ講習会に向けて準備をしています。
ベビーラップを洗って、干して、たたんで、好きなことは苦になりません。

昔は子どもが苦手でした。
全力で泣いて、全力で喜んで、イヤイヤ期と思われる子が道路でおもいっきり駄々をこねていたり、小学生が大声で遊んでいたり。

子どもの持っているものすごいエネルギーに、圧倒されていたんだと思います。

大人になった私は、日々の生活で消耗していました。

いつのまにか「はずれ」が切り取られている

いまは子どもが大好きです。
大好きというよりも、「尊敬」のほうが正しいかもしれません。

買ったガムがはずれで、はずれが嫌だから切り取っちゃうとか素敵すぎ。

昔のキラキラした気持ちを思い出させてくれます。
子ども目線で生活してみると、いまこの瞬間をたくさん楽しませてもらえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました