粉ミルク、嫌いじゃないです

授乳相談をしていると、ミルクを使っていることを控えめに話される方が多い気がします。
気がするというよりも、多分絶対、私に気を遣っているのだと思います。

「助産師さんには母乳頑張るって言わなきゃ怒られる、がっかりされる」と思わせてしまっているとしたら、申し訳ない気持ちです。

ミルクの使用には賛否ありますが、私はそこに強いこだわりがありません。

「親子が健やかに過ごせるのがいちばん」だと、常々思っているからです。

気が張ったら好きなことでリラックス

せっかくの限られた子育て期間を「つらすぎる時期」にしてほしくない。不必要な「こうあるべき」は、子育てを窮屈なものにしてしまいます。

江戸時代の子育ての本を読むと、ミルクのありがたみがすごく良くわかります。

この本を読んで、「ミルクがあってよかったなぁ」と心底思った。

「ミルクができたおかげで便利になったし、救える命が増えた」と思うから、ミルクが悪者にされるのも悲しい気がしています。

母乳を頑張りたい人は頑張っていいし、こだわらない人はこだわらないままでいい。
どちらでも全力で応援します。

誰にでも当てはまる「正しい方法」なんてなくて、親子で「納得できるやり方」を見つけることが、何より大切なんだと感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました