ディディモスの商品サンプルを少しづつ増やしています

講習会、体験会用にベビーラップを追加購入しました。

このブログでも度々書いている通り、私は「持たない暮らし」を心がけていて、極力「モノ」を増やさないようにしています。

「ベビーラップはこれ以上買わないつもりです」とか最近どこかに書いた記憶がありますが、舌の根も乾かぬうちにベビーラップを買い足していて、気になるととことん追求したくなる自分の性格を持て余しています。

以前ベビーラップにハマったとき、ベビーラップだけで60枚ほど所持していました。クローゼットはベビーラップでぎゅうぎゅう。

子どもが成長してもう抱っこは必要ないのに、こんなに大量に持っていてどうするの?と思い、ほとんどのベビーラップを売ったり譲ったりしました。

自分の助産院でベビーラップ講習を再開した今、ベビーラップが楽しくて仕方ありません。

「メトロ」も素敵だけどシルク混はすでに持っているし。。。1枚1枚が高価でなかなか買えない。

ディディモスは実店舗がないから実物を見て購入することができなくて、講習会や体験会に来る人たちも、とにかく布選びに悩んでいる様子が手にとるようにわかります。

ディディモスはお値段が高く、多くの人にとって気軽に買えるものではありません。悩むのも当然。実際に届いた商品がイメージと違ったらショックすぎます。そんな様子を見ていると、助産院にたくさんのサンプルを揃えたい気持ちになります。

サンプルといっても自分で購入するしか方法はないので、少しづつ、お財布と相談しながら、ベビーラップやディディタイやストレッチラップを再度集めているわけです。

あのとき気前よくベビーラップを手放した自分を少し恨みます。

どんどん増えていくベビーラップが恐ろしくもあり、楽しくもあり、意思が強いのだか弱いのだかわからない自分が情けなくもあり、なんとも複雑な、でもどちらかというと前向きで明るい気持ちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました