お金に頼らない機嫌の取り方

なんだかわからないけれど、うっすらと不安になることがあります。

今日はまさにそんな日でした。

わからないながらに心当たりはあって、SNSでみかけた誰かのキラキラした感じとか、ネガティブな意見とか、言い争いとか、自分の将来のこととか、現状の不満とか、たくさんのことが合わさってなんとも言えない気持ちになっているのだと思います。

そんな時は散歩に出かけることにしています。

これは「持たない暮らし」を意識してからはじめた対処法。
以前はこういう気持ちになったとき、「お金で解決する」ことがほとんどでした。

まぶしい夕日。

不安をかき消すために「もっと頑張らなくちゃ、自信をもって揺るがない自分にならなくちゃ!」と焦って本をたくさん買い込んだり、なにか資格をとって自分を武装しようとしたり、ストレスをかき消すために満足できそうなモノを買ったり。

でも心は落ち着かなくて、「モノ」に頼っていても気持ちは満たせないこを学びました。

空を見上げると沈みかけの太陽とうすーい月。いつの間にか落ち葉だらけの道、紅葉している木もあり、植物はすっかり秋。今日も地球は、世界は、いつも通り動いているんだと感じると、私のちっぽけな心配事なんて大したことない気がして、不安な気持ちが薄れていきます。

モノに頼らなくなったことで、自分の気持ちのなだめ方が上手になってきたように感じます。

自分の機嫌は自分でとるのが大人のたしなみだと思っていて、それに近づけるように、日々新たな方法を模索しながら暮らしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました