栄養素は気にしない

休日で時間に余裕があるため、朝食にホットケーキを焼きました。

このブログでも頻繁に登場しているホットケーキ。
毎週末焼いてない!?と思う人もいるかもしれませんが、その通りでほぼ毎週焼いています。

しかも今日は豪華に生クリームといちごとチョコレートまで用意。

いちごと生クリームが乗ったホットケーキは春までのお楽しみ。いちごの季節限定。

生クリームとイチゴをのせたホットケーキはもはやショートケーキのようで、朝からとってもしあわせな気持ちになります。

前日から子どもと「明日は生クリームとイチゴでホットケーキにしよう!」と決めていて、起床後は協力してせっせと作業。あっという間に出来上がったホットケーキに各自好き勝手にトッピング。「メープルシロップかけると美味しいよ!」「チョコも美味しいよ!」「生クリームたっぷりの方が美味しいよ!」とお互いのオススメを言い合いながら食べました。

毎週末こんなおやつのような朝ごはんを食べていて栄養のプロには怒られそうですが、案外元気でやっています。

こんな私も子どもが小さい頃は責任を感じ、離乳食のマニュアル片手に「タンパク質が○gで…」など真面目にやっていたけれど、私にはその方法は全然楽しくなくて、いつの間にかやめてしまいました。

細かく細かく分解して調べて明らかにして、いろいろなことがよくなったことは否定しないけど、それにより失われてしまったものもあるように思います。

私は栄養を食べたいんじゃないんだ!食べ物を食べたいんだ!

今ではそんな気持ちで、食べたいと思うものを食べたいと思った時に食べるようになりました。そんな気持ちでいると子どもの好き嫌いにも多少寛容になれます。すると「これ栄養あるから食べなさい!」「えー…」「もう、好き嫌いばっかりして!せっかく作ったのに!」というようなつらい時間が減ってきて、食事の時間が家族にとって楽しい時間になってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました