【ベビーラップ初心者向け】ベビーラップとは?

我が子のだっこ時期を過ぎてもベビーラップ熱が冷めず
日々お人形で練習をしているキタガワです。

まだまだ日本ではマイナーなだっこ紐であるベビーラップ。

ベビーラップって何?
どういうだっこ紐なの?

という方に向けてこの記事を書いています。

スポンサーリンク

ベビーラップとは

ベビーラップはたくさんのだっこ紐のうちのひとつ。

幅約70㎝、長さ約4mのながーーい一枚の布です。
この布を体に巻きつけて子どもをだっこします。

1972年、ドイツのディディモス社が世界で初めてベビーラップを開発しました。
現在では世界中でたくさんのベビーラップメーカーがあります。

布で子どもを身にまとうように、高い位置でぴたりと密着してだっこできることが特徴です。高い位置で密着することにより子どもの重さを感じにくく、一般的な抱っこ紐に比べ抱く人への負担が軽減されます。

ベビーラップの種類 織物性とストレッチ性

ベビーラップには2つの種類があります。

「織物性ベビーラップ」と、「ストレッチ性ベビーラップ」です。
「伸びない布」と、「伸びる布」の違いですね。

それぞれ長所短所があります。

同じベビーラップの呼び名ですが使い勝手は全然違うので
混同しないように注意してください。

私が大好きでいつも使っているベビーラップは
「伸びない布」の「織物性ベビーラップ」です。

このブロブ内で「ベビーラップ」という場合
すべて「織物性ベビーラップ」のことです。

ベビーラップの構造と各部位の名称

ベビーラップの各部位には名前がついています。

ここは、面倒な方は飛ばしても大丈夫です。

巻き方の動画や、説明のウェブサイトでは当然のようにこの呼び名が出てくるので
知っておいたほうが便利ではあります。

トップレール:ベビーラップを広げて持った時に、長い辺の上側の部分
ボトムレール:ベビーラップを広げて持った時に、長い辺の下側の部分
テール:ベビーラップの左右の端、結んだ後にヒラヒラと余る布の部分
ミドルマーカー:ベビーラップの長さの中央をしめすタグ

スポンサーリンク

ベビーラップのサイズ

ベビーラップのサイズとは

ベビーラップにはサイズがあります。
サイズの違いは、布の「長さ」の違いです。

メーカーにより多少の差はありますが
だいたい以下のサイズです。

サイズ1:約220cm
サイズ2:約270cm
サイズ3:約320cm
サイズ4:約370cm
サイズ5:約420cm
サイズ6:約470cm
サイズ7:約520cm

サイズが1つ上がるごとに、布の長さは約50cm長くなります。

ベースサイズとは

「1枚目はベースサイズを選びましょう」
とよく言われますが、そもそもベースサイズって??

ベースサイズとは、ベビーラップの基本の巻き方
フロントラップクロスキャリー」が
長すぎず短すぎず、ちょうどよく巻けるサイズのこと。

「ちょうど良い」というのは
私の経験上、布を巻いて結んだとき、
テールが20cmくらい余るサイズ、と感じます。

欧米の方の動画を見ているとベースサイズ6の方が結構いますが
日本で講習会をしていると、ベースサイズ5の方が多いです。

ベビーラップのレンタルサービスをしているところもあるので
試着してからの購入がオススメです。

ショートラップとは

「ベビーラップの扱いに慣れたらショートラップがおすすめ」
「夏に快適なショートラップ」

ベビーラップの世界に足を踏み入れると
ショートラップが魅力的にみえてきます。

一般的にショートラップとは
「サイズ3以下」のことを指しています。

ショートラップは初心者向けではありません。
中級以降の大きなお楽しみです。

まとめ

一口にベビーラップといっても
伸びたり伸びなかったり、サイズがいろいろあったりするんだな

ということがお分かりいただけたでしょうか。

ベビーラップの利点欠点や使い心地などは、また別の記事にまとめていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました