持たない暮らしは自由

昨年開業したソラチ助産院。1日のほとんどの時間を、ここで過ごしています。

多くの時間を過ごす場所だから自分の気に入った場所にしたくて、憧れの「持たない暮らし」を実践しています。自宅は家族との兼ね合いでモノが溢れてしまうから、助産院だけは、絶対にモノを溢れさせたくありません。

実践してわかったのは、モノが少ない暮らしはとても清々しく快適だということです。

モノが少ないと広々しているし、窓を開けると風が隅々まで行き渡り、掃除が簡単だからいつでも部屋が整っていて空気が澄んでいる感じがします。

モノの移動も楽々。

いま気に入っているのは、机を窓際に移動して、そこで作業することです。大きくて重たいモノは買わないで、一人で運べることを重視して選んだ家具たちは、いつでも好きな場所に移動することができます。

最近この場所にいる率が高い。

部屋のくぼみにぴったりハマるように作ってもらったこの机はとても軽く、誰もいなときは窓際で机に、お客さんが来るときはくぼみに戻して上に体重計を置いたり下に荷物を隠したりと大活躍。

窓際で椅子として使っているのはコルクマットを重ねたもの。ベビーサインクラスをするときに赤ちゃんの安全のために購入したもので、使わない時はこうやって積み重ねて椅子にできる優れもの(椅子としての使用は公式の使い方ではなく、私が勝手にやってます)。

お気にいりのモノをあれこれ使いまわして最大限活用する生活はとても楽しく豊かで、満足感があります。

今日はどこで過ごそうか?そんな感じで、その日の気分で自由気ままに部屋の好きな場所に移動して過ごす毎日に、癒されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました