モノとの付き合い方

たくさんの使い道があるものが好きです。

「〇〇専用」と言われるとつまらない。
工夫して、自分の用途にぴたりとハマったときの気持ちよさは最高です。

ここ数年持たない暮らしを心がけていて、そうなると、役割が固定されたものを置いておく余裕などありません。たくさんの場面で活躍してもらわないと、困るのです。

籐のカゴはゴミ箱に、ワイン箱は本棚に。気が変わったら別の役割で活躍してもらう。

助産院にあるもので、用途が固定されているものはわずか。

気に入ったものを、たくさんの場面でフル活用して暮らす。簡単に買って簡単に手放す習慣から、とことん使い倒す習慣にシフト。

最後ボロボロになってもうこれ以上使えない状態のモノをみると、ものすごい達成感を感じます。

これなにかに使えるかな?と日々考えながら暮らしていると、自分を生きている実感が湧いてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました