今日も自分実験中

1週間ほど前から、手足に湿疹が出ています。

以前は何かあるとすぐ病院に行ったり、薬局で薬を買っては飲んだり塗ったりしていました。

20代半ばに派手に体調を崩し自分の体と向き合うようになってから、以前に比べると病院に行く機会が減ってきました。

特に湿疹は「なにか出てきたなー」と思うくらいで、よっぽど悪くならない限り、様子を見ています。

訪問途中の公園の霜柱。踏むと良い音。

よーく自分を観察していると、湿疹が出るきっかけがなんとなくわかってきました。どうやらお酒を飲む回数が増えると、湿疹が出てしまうようです。

なんとなくの原因がわかっているので、湿疹が出たら日頃の行いを反省して、しばらく禁酒。そうすると、大体湿疹はひいていきます。

ただ今回は、何がきっかけで湿疹が出ているのかわかりません。お酒を飲むと湿疹が出たり体調が悪くなるから、最近自然とお酒から遠ざかっているためです。

2週間ほど前から飲み始めた白湯のせいなのか、はたまた他の何かなのか、なんだかよくわからないけれど、この謎の湿疹と共存しています。

他の人には積極的にはお勧めしませんが、自分の体の変化をじっと観察する自分実験が楽しくて、こっそり続けています。行動と体調の新たなつながりを発見すると、ものすごくワクワクします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました