あつまれどうぶつの森をやっています

私はできるだけ、子どもと遊ぶようにしています。

「人生の最後に『家族ともっと向き合っておけばよかった』という後悔をしたくない」
「子どもが今なにに興味を持っているのかを知りたい」
というのが主な理由です。

子どもの遊びにはその時の興味関心がはっきりと現れているので、一緒になって遊んでいるとたくさんの発見があります。

最近子どもがハマっているのはNintendo Switch。
その中でも「あつまれどうぶつの森」をプレイしていることが多いです。

私は子どもと一緒に楽しく遊べるならゲームでも本でもなんでもこいというスタンスなので、いまは時間の許す限り、あつ森をプレイしているわけです。

ほんわかした島民たちの暮らし

島を自分好みに整備して、どうぶつを呼んで、楽しく過ごす、というゲームなのですが(まだやり始めたばかりで詳細はわかりませんが、多分そういうゲーム)、島民全員がすごくのんびりと過ごしている感じがします。

雑草抜いて畑で野菜を作ったり、海や川で魚をつったり、集めた生き物を博物館に展示したり、時々イベントがあって島民みんなで盛り上がったり、毎日がとにかく平和。

このゲームが流行っているのは、みんなどこかで自然とのつながりを求めているからなのかなーとか考えたりしています。

とはいえせっかちで貧乏性な私は、同じ説明を何度もゆったり繰り返す島民たちに「それさっきも聞いたよ!」とか、「レアな魚を釣ってお金を増やすぞ!」とか、「効率よく島を発展させるには…」とか、欲望むき出しで挑んでしまいがちで、あまりこのゲームに向いていない気がしています。

効率よく成果をあげるべき。意味のあることをするべき。という考えに支配されている自分に気づかされます。

それに比べると子どもは純粋にどうぶつ達と交流していて、その素直な姿勢がとてもまぶしく感じます。

1年前に買って放置されていたけど、最近やっと遊び始めた”あつ森”。

一緒に遊ぶと楽しいNintendo Switch。迷ったけど買ってあげて良かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました