自分で実験「肌断食」

以前少しだけ書きましたが、もうしばらく、お化粧をしていません。
》以前の記事はこちら

きっかけは「肌断食」との出会いです。

たまたま受診したクリニックのお姉さんと雑談しているときに、「私ファンデーション塗ってないんですよ」と言われ、とても驚きました。

お姉さんの肌はとってもキレイで、ファンデーションを塗っていないなんて、言われないとまったくわからない。

ファンデーションを塗らない理由は「肌断食をしているからだ」と教えてくれました。

当時の私は乾燥やニキビに悩んでいて、人前に出るときにファンデーションを塗らないなんて、勇気がなくてできませんでした。

早速本を買って読みました。

その内容に妙に納得し、すぐ実行。

方法は簡単です。とにかく肌への摩擦を減らすこと。クレンジング、洗顔、基礎化粧品、メイクなど、すべてが肌のダメージになるので、極力控えます。

私は一気にメイクをやめたので、クレンジングも洗顔料も必要なくなりました。お湯でバシャバシャッと顔を洗ってワセリン塗っておしまい。朝も晩もこれだけ。

500gのワセリンを小分けにして持ち歩いている。リップ、ハンドクリーム、ボディークリーム、化粧水すべてこれひとつ。

持ち物とたくさんの工程が減ってスッキリ。持たない暮らしが好きな私には、とても合っています。

肌断食ではシャンプーをやめることも推奨されているのですが、それだけは何度トライしても、挫折しています。無理なことは諦めて、できることだけやっています。

悩んでいた乾燥やニキビは落ち着いて、毛穴も昔に比べると目立たなくなりました。

いまのところ調子がいいけれど、数年後には後悔しているかもしれません。そうなったらまた別の方法を考えます。これからどうなっていくのかなと、自分実験を楽しんでいます。

自分で選んで決めたことは、結果がどうであれ、前向きですごくワクワクします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました