子育てで大活躍!自分のなかの「あそび心」

なんだか気持ちが盛り上がらないな
そんなときは自分のなかにある「あそび心」に注目してみます。

とくに連休などで食事づくりが続きうんざりしてきたときに、効果を発揮します。

私がよくやるのはレストランごっこ。

やり方は簡単。その日に作れるものを紙に書いてメニューにし、子どもに選んでもらうだけ。

紙に書くだけで特別感が。メニューはいつもの簡単なものばかり。

子どもが少しワクワクしている様子を見ると、なんだかこちらまで楽しくなり、いつもの食事と気分が変わるから不思議です。

ここでのポイントは、本当にお店みたいなメニューを作らなくても、十分に楽しいということ。

もちろん、精神的時間的に余裕があれば、お店のような素敵な食事を作っても構いません。でも、そんなに頑張る必要はないのです。

「お水をお持ちしますので少々お待ちください」とかセリフをつけたらもう完璧。

日常の中に、ほんの少しのあそび心を入れ込むだけで、子どもとの毎日に楽しい時間が生まれます。

騙されたと思って、一度試してみてもらいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました